ドクター

病院で身体の状態をチェックしよう│脳梗塞を防ぐためには

脳梗塞を防ぐには

笑顔

脳梗塞は血管が詰まってしまうことで発症してしまう病気です。この病気を予防するためには、血液の流れを良くしましょう。血液は乱れた食生活や運動不足などが原因でサラサラ血からドロドロ血になって、その血が固まってしまい血管の中で詰まってしまうのです。脳梗塞になりやすい人は、高血圧や糖尿病、肥満、喫煙者などがなりやすく、これらも生活習慣を見直すことで改善することができます。予防策の1つが偏った食事をやめ、栄養バランスの取れた食事を行なうことが大事です。サバやイワシなどの青魚には、血液の流れをよくするDHAが豊富に含まれているため、脳梗塞を予防することができるでしょう。毎日青魚を食べるのは、大変ですから健康食品やサプリメントなどを摂取していけば問題ありません。運動不足を解消するためには、軽いジョギングやストレッチを毎日続けるだけで大丈夫です。激しい運動をする必要もないため、毎日続けることができるでしょう。また、水分を適度にとらないと血液の流れが悪くなってしまうので、水分補給はこまめに行なってください。このような方法で脳梗塞は予防することができますが、病院で定期的に検査を受けて身体の情報を確認しないと効果があるのか判断することができません。血液の流れは自分でチェックすることはできないため、病院で医師の診断を受けて効果的な予防策を教えてもらいましょう。脳梗塞を発症してしまうと簡単に治療することができないので、早めに予防することをおすすめします。