ドクター

病院で身体の状態をチェックしよう│脳梗塞を防ぐためには

新しい治療方法

医者

身体の病気を治すために、多くの病院や研究機関では様々な方法を研究しています。その中でもがん治療を効率良く行なうために新しい方法を模索しているのです。世界的に注目されている治療法は、身体の中にある免疫を利用して行なう免疫療法です。免疫とは人の身体の中にあって、体内に侵入してきたウィルスを退治する働きを持っています。この免疫でがんを治療することができれば、身体に負担をかけることなく治療することができるということで注目を集めています。身体の中にある細胞を取りだして、人工的に成長させて身体に戻す治療法を樹状細胞療法といいます。成長させた細胞が樹の枝のように見えることから樹状細胞と呼ばれているのです。この樹状細胞療法というのは、身体の中にあるがん細胞を発見して他の免疫細胞に指示をだして、効率良く治療を行なうことができます。樹状細胞を作りだすときに、がん細胞を取り込ませておけば樹状細胞ががん細胞を認識することができ、速やかにがん細胞を発見することができるのです。この方法なら身体を傷つけることなく治療ができるため、多くの病院がこの樹状細胞療法に注目しています。この方法は、取りだした細胞を成長させるために時間がかかるため、すぐに治療を始めることはできません。この治療法以外にも様々な方法が研究されているので、興味がある人は樹状細胞療法などを研究している病院のサイトを調べてみてください。がん治療についての知識を持っていれば、万が一の時に役立つはずです。