HOME>Review>慈済に抱っこひもを使った育児をしている人の声

慈済に抱っこひもを使った育児をしている人の声

赤ちゃんとレディ

抱っこひもを利用する人はどんな利用をしているのか見てみると、「こういう使い方もあるのか」と目からウロコが落ちることもしばしばです。生活の知恵も得られるので、参考にしましょう。

レビュー一覧

家事をする時など、家の中でも重宝しています[20代|女性]

抱っこひもはお出掛けの時だけではなく、家の中でも大いに活用しています。例えば炊事や掃除など家事をする時が一番役に立ちます。また、ただ寝かしつけをしたいだけの時にも普通に抱っこをするより、抱っこひもを使用した方が、密着度が高いせいかすぐに寝てくれるようです。家事をする際も寝かしつけをする際も、抱っこひもを使用すると、普通に抱っこをすると塞がってしまう両手が自由に使えるのです。子供に抱っこをせがまれ家事が進まないというストレスから解放されます。これが一番のメリットではないでしょうか。特に家事をする時には、抱っこひもを使って子供をおんぶすると、子供を掃除中の汚れや料理中の火傷等の危険からも守れます。最近の商品は抱っこした子供の重さが肩と腰にバランス良く乗ってくれるので、ある程度長い時間装着しても疲れを感じる事はありません。

下の子を抱っこひも、上の子をベビーカーで使い分けています[40代|女性]

幼い子供が二人いる為、私にとって二人同時に連れてのお出掛けは本当に大変です。出先で二人とも昼寝をしてしまうという事もありますが、両手に子供を一人ずつ抱えて買い物する事は出来ないからです。そのような時には、下の子は抱っこひもを利用して抱っこ、上の子をベビーカーに乗せて出掛けています。乳児は抱っこひもを利用するといつでも顔を確認できるので安心ですし、体重がある上の子はベビーカーだと重さを感じないので便利という考えです。二人ともそのまま寝てしまっても、お出掛けの途中で身動きが取れなくなってしまうという事がない為、どちらも私にとっては育児の必需品と言えます。特に抱っこひもに至っては、最近のものは肩や腰があまり痛くならず重宝しています。