ドクター

病院で身体の状態をチェックしよう│脳梗塞を防ぐためには

寝ている時の病気

ドクター

無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が止まってしまうという病気のことです。この病気は首に脂肪がついてしまうと発症する可能性が高いといわれています。脂肪が多いと呼吸を行なう気道を圧迫してしまうため、呼吸をすることができなくなってしまいます。人の身体は睡眠をしている間に休息を取りますが、その時に呼吸が止まってしまうと身体の中にある酸素がなくなってしまいます。そのような状態になってしまうと身体に大きな負担がかかってしまいます。そうなってしまうと睡眠をしても体力は回復することなく、かえって疲れてしまうでしょう。日々の生活に影響が出てしまうので、無呼吸症候群にならないように予防しましょう。一番大事なのは食生活や運動不足に注意してください。首に脂肪がついてしまう原因は、この2つが大きく関わっているので少しずつ改善していくようにしてください。またアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの症状がある人も、無呼吸症候群を引き起こしやすいといわれているため、耳鼻咽喉科で診察を受けて医師からどのようにして改善したらいいのか相談してください。他には横向きで眠ることで、気道の閉塞を軽減することができるので無呼吸症候群を発症しにくいでしょう。仰向けで寝ることが多い人は、抱き枕などを使用して横向きで寝るようにするなどの工夫をすれば、この病気を予防することができます。他にも様々な方法があるので、無呼吸症候群を発症したくないという人は、病院からのアドバイスだけでなく、ネット上に掲載されている予防法などを参考にしてみてください。